予算を決めておく重要性

中古車は購入して終わりではなく、車両を維持していくことになります。購入したのはいいけど、ガソリン代や自動車税、車検費用などを捻出するのが厳しくなり、途中で手放すという人は実際にいます。だからこそ中古車を選ぶときは、購入予算を明確にしておく必要があるのです。予算は100万円、最高でも120万円などと決めておけば、無理な買い物をする心配はないでしょう。予算を決めておかないと、自身の経済力で支払いが難しいような高額車両を勢いで購入してしまう可能性があります。中古車は新車よりも故障のリスクが大きく、運が悪ければ購入してすぐに故障するケースもあるのです。だからこそ無理をしない予算を設定し、その範囲内で選んでいく必要があります。

具体的な予算の決め方とは

まずはクルマにどのくらいのお金をかけられるか明確にします。そのために家計全般のシミュレーションをして、生活のバランスを考えてみましょう。高すぎる中古車を購入し、食費を大きく削るような状況に陥ると、バランスのよい生活を実現できません。中古車は年式が古く、走行距離が多いほどトラブルの発生頻度が上がるのです。こうした予期せぬ出費も想定し、資金計画を立てていきましょう。

ローンを組むのであれば、高額な中古車に手が届くかもしれませんが、途中で返済できなくなるとクルマを失うことになります。自動車ローンを活用する場合は、最終返済日まで無理なく支払い続けられるか考慮しましょう。一般的には中古車の購入価格の相場は、年収の半分くらいに抑えるのが好ましいと言われています。